SNSボタン

2018年5月11日金曜日

▼▽京都市こどもの感染症(平成30年5月臨時号)▽▼


京都市より以下のメールが送られてきました。ご参考にして下さい。


■麻しん(はしか)に注意!
ワクチンの定期接種はもう済んでいますか?

定期接種対象年齢   第1期:生後12月~24月
           第2期:小学校就学前の1年間

◆麻しん(はしか)◆

・現在,沖縄県を中心に流行していた麻しんが,全国へと拡大しています。

・麻しんウイルスは感染力がとても強く,空気感染するため,手洗いやマスクでは予防できません。

・麻しんを予防するためには,「麻しん風しん混合ワクチン」の2回の予防接種が最も有効で,京都市予防接種協力医療機関において,公費負担による予防接種が行われています。

・定期接種対象年齢(上記)の方で,まだ接種されていない方は速やかに受けましょう。
(定期接種以外の予防接種は,かかりつけの医療機関に御相談ください。)

◆もしも・・・◆
下記の麻しんを疑う症状が出た場合は,事前に医療機関へ電話で麻しんの疑いがあることを伝え,早めに受診してください。

・ 2~4日間,発熱・せき・鼻水など「かぜ」に似た症状が持続する。

・ 一旦熱が下がるが再び高熱が出て,顔・首・全身に発しんが現れ3~4日間続く。




_________________________________        配信元:京都市感染症情報センター(京都市保健福祉局衛生環境研究所)
・京都市衛生環境研究所ホームページ
http://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000175159.html  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄