SNSボタン

2013年11月16日土曜日

めぐみ No1 平成11年6月号

1.妊娠中の生活の仕方

―母になる前から母になっていく生活を!!―

妊娠した!!とわかったら… 健康な赤ちゃんを産むために規則正しい生活をしよう!!

◆一番大切なことは『早寝早起き』です。

(朝6時ごろ起床.夜10時ごろ入眠が理想と言われている。)

母体の睡眠は、胎児の育ち.母乳の分泌に大きく影響します。妊娠中、母体からは胎児の成長に又、胎児を守り育てる多くのホルモンが分泌されます。そのホルモンの殆どが眠りの中で分泌されます。母体が睡眠不足.夜更かししているとホルモンの分泌が妨げられ、切迫流産.胎児の成長に危険を加えることになりかねません。

お父さん!!協力してあげて下さい!!

◆健康な赤ちゃんを産むためのポイ ント!

1.早寝早起きをする。
2.適度な運動を!腹筋が強くなりお産も安定します。血行を良くし胎児を楽にします。
3.人との交流を!怒り.不安はストレスを強めます。
4.バランスのとれた食事を!塩分.糖分の取りすぎに注意!

◆夜更かしがもたらす要因とは…

♪母 体…食欲が無くなる、イライする、生き生きと動けず筋肉を弱める。
♪胎 児…血流が悪くなる、目の玉を動かす眠りを乱す、成長に必要なホルモンの吸収が悪くなる。
♪新生児…落ち着きが無く、良く泣く。眠りが短くてすぐに目覚めます。

2.歩行器について

歩行器に座ると…

這う時より視点が高く気分がよく泣かなくなる。つま先で床を蹴ることにより自由に色々な場所に行ける。

しかし…

今度は『這う』ということがおっくうになり、筋肉を使わなくなり、筋肉が育たなくなる。

そこで…

全身を使って笑う!!のが子供本来のすがたです。歩行器に乗っていると機嫌がいいので、『あやして笑う』ということが少なくなります。寝返り.ハイハイができるよう身体全身で笑う遊びを子供と一緒に楽しみましょう!!